京つう

  日記/くらし/一般  |  日本

新規登録ログインヘルプ


スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by 京つう運営事務局 at

2008年12月02日

神話と歴史

と言うわけで、「神話に残る歴史」を見ていこうと思いますが、
その前に「神話」そのものに目を向けたいと思います。


神話にちょっと詳しい方なら知っているとは思いますが、
世界中の神話を比べてみると、ある程度似通った部分が浮き彫りになるんです。

ちなみに、日本の神話は、確かチベットの方の神話と類似が多かったと記憶しています。

それら意味するところは、「神話が伝わった」のか、
それとも「元々が一緒だった」のか、非常に面白い部分です。

まぁ、チベット人と日本人って似ているらしいですから、
ここでは、「元々同じ種族だった」ってことで話を進めます。


あ、ところで、教科書では、
「日本人はユーラシア大陸からきた」みたいな記述はあると思いますが、
間違っても、「日本人はチベットの方から追われてきた」みたいな記述はないと思います。

でも、冷静に考えてください。

旅をするのが命懸けの時代に、
何故日本人は海を渡ってきたんでしょうか?

星を見るのが得意なので、
海を渡るのが苦でなかったからでしょうか?

いいえ、大陸から追われたからです。

追われなければ、危険を冒して新天地を求める意味がないでしょう?
土地を開拓すれば、農地や牧草地が手に入るような生活ではなかったんですから。
(狩場は増えますが、海に出る技術があるなら漁をした方が賢いです)

それが部族間の勢力争いなのか、
それとも、「島流し」のような処置だったのかわかりませんが、
とりあえず、「追われてきた」ことは間違いないと思います。

と言うわけで、チベットから来たかは定かではありませんが、
「大陸から追われて日本列島に住み着いた」ことは言えると思います。


さて、では、これらを踏まえた上で、「日本の神話」を見、
そして、そこから「日本の曙」を見直してみましょう。



【PR】プレゼントにデジタルフォトフレームを!! 【PR】クリスマスはデジタルフォトフレーム 【PR】防寒用カーテン 【PR】新型インフルエンザの対策 【PR】ハイドロコロイド素材の絆創膏 【PR】年金テロ? 【PR】インフルエンザ予防接種  


Posted by landmale at 21:58Comments(0)歴史